m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>教授回診、「3S」の方針で臨む◆Vol.18

教授回診、「3S」の方針で臨む◆Vol.18

2015年11月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


――研究と同時に、臨床にも熱心だった井村氏。教授回診やカンファレンスの時には、どんな点を心がけていたのか。教授回診を形式的にしないために、回診前に新患や退院前の患者、治療がうまく行かないなど問題のある症例について、事前にカンファレンス室で十分に議論するよう心がけていました。教授回診は、その時に気付いたことを医局員に伝えるだけでなく、薬の種類を減らすことが、一つの目的でした。処方について、いつも言っていたのは「3S」。1つは「simple」、処方はシンプルでないといけない。それから、「shortd...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事