m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>医学部長時代、医学部定員削減も断行◆Vol.19

医学部長時代、医学部定員削減も断行◆Vol.19

2015年11月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1989年4月、医学部長に就任、仕事はさらに多忙になった。思いがけず就任した医学部長ですが、やりたいと言うか、やらなければいけない仕事が二つありました。一つは、医学部の定員削減です。これは前医学部長時代からの宿題でした。第二次ベビーブームの際、終わったら定員を減らすという条件で、100人から120人に増員したのです。しかし、ベビーブームが終わると、「京大辺りで、たくさん医学生を取ると、私学が堪えるから減らせ」というプレッシャーが、文部省に行っていた。教授会に諮ると、「せっかくいい学生が来るん...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事