m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と看護師...>業務軽減、「医療クラークの充実」が決め手◆Vol.10

業務軽減、「医療クラークの充実」が決め手◆Vol.10

「医師の増加」「免責拡大」求める声も

2015年11月16日 成相通子(m3.com編集部)


Q.11今後、医師(医療職)の業務負担の軽減や医療の質の向上に向けて、多職種連携でできることは何だと思いますか。(いくつでも)Q.11では、医師や医療従事者の業務負担の軽減、医療の質の向上のために多職種連携でできることについて複数回答で尋ねた。最も多かったのは「医療クラークの充実」で医師の84.8%、看護師の78.6%が選択。2014年度診療報酬改定結果を評価する厚生労働省の調査でも、医療クラークの配置が医師の業務軽減につながっているとの結果が出ており(『医師の8割、「医療クラークで負担軽減」』...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事