m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>京大総長就任と『AERA』ショック◆Vol.20

京大総長就任と『AERA』ショック◆Vol.20

2015年11月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


――医学部長を3年間務めた後、1991年12月から京都大学総長を務めることになった。医学部長は1期2年、2期目も選ばれましたが、2期目の途中で交代しました。それは総長に選ばれたからです。これがまたハプニングでした。前任者の任期が1991年12月15日に切れるので、選挙が行われたのは、その1カ月前くらいだったしょうか。今は違うと思うのですが、当時はいきなり総長選挙を行い、決めていました。変な運動をする人がいるといけないからなのでしょう。助手以上の教員が2人ずつ、総長候補の意向投票を行うのです。それ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事