m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>科学技術会議の議員「改革のチャンス」◆Vol.25

科学技術会議の議員「改革のチャンス」◆Vol.25

2015年11月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1997年12月に京大総長を辞め、1998年4月に神戸市立中央市民病院の院長に就任した。ところが、1カ月もしないうちに、文部省から電話がかかってきて、「文部大臣が会いたがっているので、次に東京に来たら寄ってほしい」と。何のことかなと思って、上京した際に文部省に行ったところ、事務次官が出てこられて、「先生にやってもらいたいことがあります。お断りいただくと大臣に傷が付きます」と言われてしまった。科学技術会議(現総合科学技術・イノベーション会議)の議員をやってもらいたい、という依頼でした。1998...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事