m3.com トップ>医療維新>レポート>「先制医療や副作用発見も仕事に」、薬剤師のあり方議論

「先制医療や副作用発見も仕事に」、薬剤師のあり方議論

第48回日本薬剤師会学術大会、シンポジウム

2015年11月24日 高橋直純(m3.com編集部)


11月22日に開催された第48回日本薬剤師会学術大会のシンポジウム「健康情報拠点としての薬局の使命~呼び覚ませ!薬局の真の能力!」では、求められる薬局・薬剤師の在り方を巡って3人の登壇者が議論した。薬剤師も先制医療を薬剤師で、厚生労働省医薬・生活衛生局審議官の森和彦氏は「超高齢社会における薬剤師・薬局の役割、機能の充実に向けて」として、今年9月に概要が固まった「健康サポート薬局」制度や「患者のための薬局ビジョン」などの厚労省の取り組みを紹介。「薬剤師の置かれている状況は厳しいが、期待も大きい」と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

赤ひげ大賞特別賞に宮城の2医師、日医発表 2017/11/23

総決起大会、「財源確保」、「消費税問題解決」を要望 2017/11/23

「診療報酬、マイナス改定を」、保険者や経済団体 2017/11/22

医師の再同意は文書であるべきか、あはき不正対策 2017/11/21

大学医局の是非「医師教育は体育会系に限る」「『白い巨塔』の再現に」◆Vol.2 2017/11/18

オンジ製剤の製品名、厚労省「メーカー戦略予測できず、反省材料」 2017/11/15

MRによる不適切宣伝、3カ月間で39医薬品等、延べ64件 2017/11/15

医師のベア実施率、過去6年一貫して低調、四病協 2017/11/15

「組織としてのCOI管理」など重視 2017/11/14

特定入院料の算定日数要件緩和など要望 2017/11/14

全日病会長「本当にひどい経営状況」、実調に見解 2017/11/13

全日病、10年以上の医師対象に「総合医プログラム」開始 2017/11/13

あはきへの受領委任導入「不正対策の強化に」、整形外科シンポ 2017/11/13

「財務省の分析、疑念すら覚える」、横倉日医会長 2017/11/9

「全入院基本料の大幅引き上げ、不可欠」、日病協 2017/11/9

「プラス改定、必要性は明白」、中川日医副会長 2017/11/8

自民党で「医師養成・偏在是正議連」が発足 2017/11/3

特定機能病院の病院長選考会議の在り方で議論 2017/11/2

病院経営は「増収減益、依然厳しい」 2017/11/1

介護サービスの利益率3.3%、大幅低下、2017年度実調 2017/10/28