m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「検診屋」の汚名返上、科学的評価を実施◆Vol.13

「検診屋」の汚名返上、科学的評価を実施◆Vol.13

2015年12月13日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1970年代はまだ、日本には疫学的な手法について学んだ医師は少なく、久道氏も、がん検診の科学的評価に関する研究をする際には苦労したという。有効性評価の中でも、一番大事なのは、がん検診の死亡率減少効果。そのためには疫学的手法を用いて、死亡率が減少したことを証明する必要がありますが、15年、20年など長期にわたらないと正確な効果は分かりません。それでは時間がかかりすぎるので、その前の段階で評価できる疫学的手法が必要でした。ところが、私は疫学を習ったことがない。仕方がないから、外国の教科書を読んだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆久道茂・東北大学名誉教授に関する記事(一覧

研究費の不当会計処理も「無駄ありて無駄なし」◆Vol.31 2015/12/31

小説家、ペンネームは「茂堂久」◆Vol.30 2015/12/30

『病院監査ことはじめ』を上梓◆Vol.29 2015/12/29

「パブリッシュ・オア・ぺリッシュ症候群」◆Vol.28 2015/12/28

定年間際の教授、院長就任依頼が来たら?◆Vol.27 2015/12/27

県立病院のトップ、「赤字垂れ流し」に奮発◆Vol.26 2015/12/26

教授退官の最終講義、「疫学を益学に」◆Vol.25 2015/12/25

定年後、「仙台市長」の話も浮上◆Vol.24 2015/12/24

医学部入試、「全員面接」を導入◆Vol.23 2015/12/23

医学部長、最大の仕事は「いい教授を選ぶ」◆Vol.22 2015/12/22

地域がん登録義務化、検証が必須◆Vol.21 2015/12/21

宮城県がん登録、全国に先駆け整備◆Vol.20 2015/12/20

「所長」の経験、教授職に生きる◆Vol.19 2015/12/19

「がんの疫学のメッカ」を目指す◆Vol.18 2015/12/18

東北大教授就任も、年収は半減◆Vol.17 2015/12/17

東北大教授、助教授の経験なく就任◆Vol.16 2015/12/16

「要精検」のフィルム、若手ほど多く◆Vol.15 2015/12/15

早期がん、かえって長生き?◆Vol.14 2015/12/14

「検診屋」の汚名返上、科学的評価を実施◆Vol.13 2015/12/13

弱冠33歳、がん検診センター所長に◆Vol.12 2015/12/12