m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|始動する“医...>医療安全の“ボール”は医療界に◆Vol.1

医療安全の“ボール”は医療界に◆Vol.1

「ヒト、モノ、カネ」の手当の遅れも

2015年12月12日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


この10月から、医療事故調査制度がスタートしたが、いまだその制度の解釈をめぐって、混乱が生じている。正しい理解と運用がなければ、「医療安全」という本制度の目的を達することは難しい。同制度の省令等の検討を進めた、厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」の座長を務めた、一橋大学大学院法学研究科教授の山本和彦氏、大阪大学で長年、医療安全に取り組んできた武田裕氏(滋慶医療科学大学院大学学長)のほか、現場で実務を担当する、がん研有明病院(東京都江東区)医療安全管理部長を務める長田理氏の3氏に、医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事