m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|始動する“医...>「院内死亡を全例把握」は大きな成果◆Vol.5

「院内死亡を全例把握」は大きな成果◆Vol.5

制度が機能すれば紛争減少を期待

2015年12月21日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――医療事故調査制度では、遺族への説明の在り方も問題になります。医療安全が目的であって、ご遺族への説明責任を果たすための制度ではありませんが、一方ではご遺族への説明も必要です。この辺りは、どう切り離しつつも、対応していけばいいのでしょうか。武田今回の制度は、「学習志向型」の制度なので、ご遺族に説明をするかどうかは、必ずしも問われていないと捉えています。もちろん、ご遺族には説明しますが、調査報告書を手渡して、「このような経過を辿り、この結果になった」と説明するよりも、「これからこのようにして、医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事