m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>日本医学教育評価機構が発足、国際的な質保証目指す

日本医学教育評価機構が発足、国際的な質保証目指す

略称は「JACME」、2023年までに全医学部を認定

2015年12月24日 高橋直純(m3.com編集部)


医学部での医学教育を評価する一般社団法人「日本医学教育評価機構(JACME;JapanAccreditationCouncilforMedicalEducation)」の発足会見が12月24日に東京都内で開催された。機構の発足は12月1日。国際認証を得ていない医学部の卒業生が2023年以降、米国で臨床研修が行えなくなる「2023年問題」への対応をきっかけとして、国際的な観点から日本の医学部の教育の質を保証することが目的(『「JACME」、全80大学が参加し今秋発足』を参照)。記者会見でJACME...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事