m3.com トップ>医療維新>医師調査| 2015年...>「所見みて ああこの人か 思い出す」◆Vol.11-2

「所見みて ああこの人か 思い出す」◆Vol.11-2

「医師と患者」、テーマに川柳

2016年1月16日 成相通子(m3.com編集部)


医師川柳の第2弾では「患者と医師」をテーマにご紹介します。高齢社会の中で、医師と患者の関係も変化しています。医師の高齢化を皮肉った一句、高齢化とともに進む貧困問題と医療を象徴する内容や、患者からの印象的な一言などを盛り込んだ句が寄せられました。【医師と患者の関係】所見みてああこの人か思い出す街中であいさつする人患者かな?脈をとる私の脈が速くなり頑張れど患者に上手く届かないまたひとつ患者さんに教えられ患者様医者もいつかは患者様医師とても避けられぬのは死の病患者より大事なことがこの稼業患者のためはか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事