m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>九大の生体肝移植、1例目を手掛ける◆Vol.15

九大の生体肝移植、1例目を手掛ける◆Vol.15

2016年1月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


――就任から最初の5年間、力を入れたのが、教室の体制固めだ。まずは徹底的に手術を教えました。昔はね、「大学では、手術は教授がするもの」だった。準備はスタッフがするけれど、教授が全て手術をやっていた。手取り足取り教えてくれるわけではなく、「見て盗め」。けれども、皆に指導医の資格を取ってもらわないと、他の病院などでも活躍できず、教授選にも出すことができない。当時の九大小児外科の手術件数は、年間約400件で、全国でトップレベル。初めから難しい手術はさせられない。まず簡単な手術から入り、徐々に難しい手術...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆水田祥代・九州大学名誉教授(福岡学園・福岡歯科大学理事長)に関する記事(一覧

人生に悔いなし、生まれ変わっても小児外科医◆Vol.31 2016/1/31

「孤独に強いこと」がリーダーの条件◆Vol.30 2016/1/31

子供向け図書館、「ビブリオキッズ」の館長◆Vol.29 2016/1/30

2017年4月、看護大学の新設目指す◆Vol.28 2016/1/30

福岡歯科大学理事長、「全ての時には季節」◆Vol.27 2016/1/29

「女性限定の教授枠」で女性教員増へ◆Vol.26 2016/1/29

「G30」採択で国際化、13大学の1大学◆Vol.25 2016/1/28

九大副学長、理事に「デモドリ」◆Vol.24 2016/1/27

母の介護との両立、「くよくよ」せず乗り切る◆Vol.23 2016/1/26

「キーパーソンに任せる」「何事もフェアに」◆Vol.22 2016/1/25

長年の夢、小児医療センターは「森のお医者さん」◆Vol.21 2016/1/24

九大病院長就任、1年目で単年度収支は黒字に◆Vol.20 2016/1/23

九大の法人化、2004年度から病院長に就任◆Vol.19 2016/1/22

日本とアジア、小児外科学会の会長◆Vol.18 2016/1/21

「VisitingProfessor」で国際化◆Vol.17 2016/1/20

研究成果、「個人のものにあらず」◆Vol.16 2016/1/19

九大の生体肝移植、1例目を手掛ける◆Vol.15 2016/1/18

女性の教授、「全うしなければ」と覚悟◆Vol.14 2016/1/17

学位取得、九大第二外科初の女性助手に◆Vol.13 2016/1/16

初の論文、腸重積の症例分析まとめ帰国◆Vol.12 2016/1/15