m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「内科系の総合病院、経営困難に」と危機感

「内科系の総合病院、経営困難に」と危機感

中医協公聴会、2016年度診療報酬改定に意見

2016年1月23日 成相通子(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)の公聴会が1月22日、さいたま市で開催された。埼玉県の保険者や企業経営者、患者、医療提供者ら10人がそれぞれの立場から2016年度診療報酬改定に対する意見を述べた。報道関係者も含め約470人が来場し、耳を傾けた。2016年度改定の重点課題となる「医療機能の分化強化」について意見が相次いだ。7対1入院基本料の「重症度、医療・看護必要度」の見直しに関して、地元健保組合の代表者が同基本料算定病床の削減を前提に「真に急性期の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。