m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「がん研魂」と「柔道魂」に生きる◆Vol.1

「がん研魂」と「柔道魂」に生きる◆Vol.1

2016年2月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


胆道がん治療の第一人者として知られる、名古屋大学名誉教授の二村雄次氏。今はメスを置いたが、現役時代は、日本はもちろん、世界各国から胆道がんの患者が二村氏の手術を受けるために、名古屋を訪れていた。二村氏のもう一つの顔は、柔道家。名大時代は大学柔道部の主将を務め、今なお柔道を続け、後輩の指導に当たり、現在は名大柔道部の師範なども務める。「医療も柔道も、チームワークが決め手」と語る二村氏。柔道家になるか、医師を目指すか悩んだ時期もあったという二村氏の「私の医歴書」をお届けする(計27回の連載)。――二...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

私の医歴書◆二村雄次・名古屋大学名誉教授に関する記事(一覧

座右の銘は「忍苦精進死而後己」◆Vol.27 2016/2/27

外科医の評価、日本は低すぎる◆Vol.26 2016/2/26

全日本医師柔道大会、1989年から連続出場◆Vol.25 2016/2/25

国際外科博物館“殿堂入り”はチームの栄誉◆Vol.24 2016/2/24

外科教授、手術下手では勤まらず◆Vol.23 2016/2/23

腹腔鏡事故、「逃げない、隠さない、ごまかさない」◆Vol.22 2016/2/22

「職員の半分が支持」で改革は進む◆Vol.21 2016/2/21

「胆道がん手術は、お前しかできない」◆Vol.20 2016/2/20

「患者不在のベッドコントロール」にメス◆Vol.19 2016/2/19

「俺の体を使って、実験しろ」と恩師◆Vol.18 2016/2/18

「5%成功の可能性があるなら、手術を」◆Vol.17 2016/2/17

名大第一外科教授に就任、「大河ドラマを」◆Vol.16 2016/2/16

UCLA留学の最大の成果は「柔道」◆Vol.15 2016/2/15

塩野谷教授、「一升瓶片手に論文読む」◆Vol.14 2016/2/14

外科手術向上に必須の「三要素」◆Vol.13 2016/2/13

「二村先生、出血が止まりません」◆Vol.12 2016/2/12

卒後6年目、名大第一外科に入局◆Vol.11 2016/2/11

手術の次に大事なのは「記録」◆Vol.10 2016/2/10

手術は逃げるべからず、「鐶語録」◆Vol.9 2016/2/9

がん研で「別次元の手術」に出会う◆Vol.8 2016/2/8