m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|若手・中堅座...>「20年後のドクター像を描く」、座談会◆Vol.1

「20年後のドクター像を描く」、座談会◆Vol.1

座談会参加者のプロフィールをご紹介

2016年2月2日 聞き手:橋本佳子(m3.com編集長)、まとめ:成相通子(m3.com編集部)


20年前の1995年、14.5%だった高齢化率は2015年に26.0%になり、2035年には33.4%に達するとみられている。急激な人口構造の変化とそれに伴う疾病構造の変化、社会の変容の流れの中で、「治す」医療から、「治し支える」医療への変化が進み、医師に求められる役割が今後、大きく変わることが予測される。その一方で、技術革新による「医療」の変化も目覚ましい。ゲノム医療や再生医療、遠隔診療、人工知能による診療補助、ICT技術の活用など、さまざまな医療イノベーションの発展と普及が期待されている。さ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事