m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>7対1見直し、「骨抜き」と支払側が懸念

7対1見直し、「骨抜き」と支払側が懸念

診療側は「急性期の病院は厳しい」、個別項目は了承

2016年2月3日 成相通子(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が2月3日に開かれ、2016年度診療報酬改定の個別項目について議論した。入院医療では、7対1入院基本料の要件見直しと看護師の月夜勤平均時間の計算方法の変更などの方針が決まった(資料は、厚生労働省のホームページ)。修正した個別項目について、診療側は概ね評価する声が多かったが、支払側は了承したものの、懸念の声が続出。「経過措置がまた追加された。どんどん骨抜きになっている」(健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏)、「看護師を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。