m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>7対1の要件厳格化、病院団体幹部が危機感

7対1の要件厳格化、病院団体幹部が危機感

ネットの改定率「マイナス」の影響も懸念

2016年2月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会と四病院団体協議会は2月10日、2016年度診療報酬改定に関し、合同で記者会見をした。各団体トップが共通して言及したのは、7対1入院基本料の要件厳格化に伴う病院経営への影響であり、データを蓄積し、検証していく必要性を訴えた。日医会長の横倉義武氏は、病院経営の現状の厳しさを挙げ、「医療現場への影響をしっかり検証した上で、必要であれば、期中に対応を行うべきだと思う」と発言し、次期2018年度改定を待たずに何らかの対応を講じる選択肢もあり得るとした。改定率については、診療報酬本体の0.49%...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。