m3.com トップ>医療維新>レポート|動画で観る「...>有賀徹・昭和大学教授、「医療は総力戦で戦え!」

有賀徹・昭和大学教授、「医療は総力戦で戦え!」

最終講義、語ったのは「過去」ではなく「未来」(講義動画 完全版を公開 3/18)

2016年2月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


昭和大学救急医学講座教授の有賀徹氏。昭和大学救急医学講座教授の有賀徹氏の最終講義が2月12日、「我が国の医療提供の仕組みと医療者の未来」をテーマに、同大の臨床講堂で開催された。「救急医学を学ぶ者、指導する者、従事する者には、地域社会のからくりに対する洞察力、考察が求められる」。これが最終講義に込められたメッセージだ。昭和大学での臨床、研究、教育に加え、東京都の救急医療システムの構築にも尽力するなど、対外的な活動も幅広い有賀氏。最終講義には、同大の学生や教員、看護師をはじめとする病院職員のほか、学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事