m3.com トップ>医療維新>レポート>「乳腺外科と病理の間で連携不足」、千葉がん・取り違え事故

「乳腺外科と病理の間で連携不足」、千葉がん・取り違え事故

院内事故調査委員会が報告書を公表

2016年2月18日 高橋直純(m3.com編集部)


千葉県がんセンターで2015年12月に、病理検体の取り違えにより30代の乳がん患者の右乳房を誤って切除した問題で、院内事故調査委員会は2月17日、「病理検体の取り違え事故に関する報告書」を公表し、記者会会見を開いた。取り違えが起きた範囲を、検体採取後から病理検査室で検体をカセットに入れる間の可能性が高いと報告。この間のどこで取り違えたかについては、職員の記憶に基づいてしか検証できず、委員長を務めた長谷川剛氏(上尾中央総合病院院長補佐兼情報管理部長)は「客観的な証拠での検討はこれ以上不可能だった」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医師の地域偏在解消、「救急医の養成強化が急務」 2018/11/15

「外国人旅行者に対する医療提供検討会」が発足 2018/11/15

あはきの受領委任導入「すごい政治力『見えない影が・・・』」 2018/11/15

「教育、職場環境も変えて」医療のかかり方を広める懇談会 2018/11/13

講座のあり方「大講座制を」「医師の人間性の問題」 2018/11/11

BCGワクチン問題、日医が厚労省に抗議文提出 2018/11/9

山梨大学はフルマッチ、県全体のマッチ率もトップ 2018/11/9

「法令への記載」なければ、薬剤師は本来業務を果たせず? 2018/11/8

添付文書を電子化、紙媒体で提供も同梱は廃止 2018/11/8

BCGワクチン新製品、11月16日以降に出荷見通し 2018/11/7

長時間労働是正は重要も、医師の特殊性に配慮を 2018/11/7

糖尿病リスク予測ツール公開停止、厚労省「薬機法に触れる可能性あり」 2018/11/6

免震装置不正、KYBが新たに医療関係7施設公表 2018/11/2

本庶・京大名誉教授、日医で特別講演「驚異の免疫力」 2018/11/2

ICRC事業総局長「紛争地の医療、全ての国が関心を持つべき」 2018/11/1

マラソン開始前倒し「データで立証できた」、日医常任理事・長島氏 2018/11/1

プライマリ・ヘルス・ケアで新国際宣言を採択 2018/11/1

日医「グランドデザイン2030」の概要版を公表 2018/11/1

本庶・京大特別教授、日医最高優功賞 2018/11/1

日医が在外日本人医師向け支援JMA-WMN立ち上げ 2018/11/1