m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>臨床研修にリサーチマインドは必要か

臨床研修にリサーチマインドは必要か

2020年度見直しに向け、議論

2016年2月22日 成相通子(m3.com編集部)


厚生労働省の医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ(座長:福井次矢・聖路加国際病院長)が2月19日に開かれ、新たな到達目標案について議論した。「臨床研修の基本理念」で定める資質・能力の項目で、「リサーチマインド」の取り扱いの是非などについて意見が出た。2004年度に必修化された臨床研修制度は、5年ごとに見直しを実施。2010年度と2015年度に必修項目の変更などが行われているが、医師偏在の問題や新専門医制度の開始、医学部教育の変化などを踏まえ、到達目標や評価方法を20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事