m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>女川町立病院、地域医療振興協会が再生【宮城編◆Vo.3】

女川町立病院、地域医療振興協会が再生【宮城編◆Vo.3】

「町のかかりつけ」に特化、課題は医師不足

2016年3月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


女川町立病院(宮城県女川町)が東日本大震災で被災したのは、2011年4月から地域医療振興協会に運営を委託する直前のことだ。半年遅れの同年10月に同協会が指定管理者になり、98床と介護老人保健施設50床の体制から、有床診療所「女川町地域医療センター」と、老健施設100床に転換した。保健センターも併設され、医療、介護、保健福祉の拠点としての体制は整ったものの、医師不足が課題だ。「震災後、当センターは町で唯一の医療機関になってしまった。人口の減少かつ高齢化が進む中、地域包括ケアシステムを構築していく上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

東日本大震災から5年に関する記事(一覧

「生きた経験持った医師」が集まるふくしま国際医療科学センター【福島編◆Vol.3】 2016/3/30

プログラムを相互乗り入れ、県全体で研修医を支援【福島編◆Vol.2】 2016/3/27

福島医大、寄付講座活用し医師不足に対応【福島編◆Vol.1】 2016/3/25

【福島】「天災以上に人災に苦労」「除染をやめてほしい」◆Vol.16 2016/3/24

被災地へ「細く長い」支援、全国の小児科医【被災3県】 2016/3/23

【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15 2016/3/22

【岩手】「『絆』という言葉やめて」「ゆっくりとした復興で雇用維持を」◆Vol.14 2016/3/21

被曝による健康被害、最多は「生じる可能性はない」◆Vol.13 2016/3/20

「造影CT避けるよう指導」「御用学者と言われた」、福島の医師85%が相談受ける◆Vol.1... 2016/3/19

【福島】「『地元で結婚したら免除』にすべき」」「総合医養成の充実」◆Vol.11-4 2016/3/17

【宮城】「東北大へのカンフル剤になれば」「東北大の分院にしか思えない」◆Vol.11-3 2016/3/17

【岩手】「成績不足でいいから気概を」「医師の引き上げ起こっている」◆Vol.11-2 2016/3/17

新設される東北医科薬科大、被災地医師の4割が期待せず◆Vol.11-1 2016/3/17

「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2 2016/3/15

被災地、「看護師」「医師」不足が深刻◆Vol.10-1 2016/3/15

病医院の経営、岩手県で「悪くなった」が4割◆Vol.9 2016/3/14

被災地、41%の医師が「震災後忙しくなった」◆Vol.8 2016/3/11

被災地、「高齢、困窮、メンタルヘルス」の患者増◆Vol.7 2016/3/10

岩手、福島の3割超が「患者が減った」◆Vol.6 2016/3/9

【福島】「福島医大から医師来ず」「風評で集団ヒステリー」◆Vol.5-4 2016/3/8