m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|若手・中堅座...>「死ぬことがファンタジー」、死生観の教育必要◆Vol.8

「死ぬことがファンタジー」、死生観の教育必要◆Vol.8

「死」を主体的に選択するために

2016年3月6日 聞き手:橋本佳子(m3.com編集長)、まとめ:成相通子(m3.com編集部)


杉原亨氏は「死の教育」が必要と指摘。渋谷一つ聞きたいことがあります。グローバルな視点です。戦後の日本のように、途上国でも感染症から生活習慣病にシフトしています。今アジアの死因トップは脳卒中になり、アフリカなどでもそういう疾病構造の変化があります。今、日本の医療がやっていること、そして、直面することは、ある意味で最先端です。高齢化にどう対応するか。これからはいかに死ぬか、認知症などで手に負えなくなった時に死をどうやって受け入れていくか。日本の医療は実は今すごく注目されている。(国境なき医師団で活動...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事