m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|m3.com...>後発薬、医師と患者ともに「増える」◆Vol.3

後発薬、医師と患者ともに「増える」◆Vol.3

「正規品と比べ、安くない」との声も

2016年3月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


2016年度診療報酬改定の特徴の一つは、「2017年央に数量シェア70%」という政府目標を受け、後発医薬品の使用促進を目指した点数が設定された点だ(『「後発品70%以上」、処方料3点加算』を参照)。4月以降、後発医薬品の使用はどの程度増えるか、その見通しをm3.com医師会員に聞いたところ、「増えると思う」(68.7%)で、「増えない」(19.7%)を、3倍以上も上回った。入院と外来ともに、随所に後発医薬品の使用促進に関係する改定が行われただけに、多くの医師が対応の必要性を実感しているようだ。ダ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事