m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|m3.com...>医師は「外来の定額負担」、患者は「高所得者の負担増」◆Vol.4

医師は「外来の定額負担」、患者は「高所得者の負担増」◆Vol.4

医療費抑制策、医師と患者の考えに相違も

2016年3月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


※設問の詳細は文末に掲載。高齢社会を迎え医療費が増大する中、限られた医療費を適切に使うためには、どんな施策を講じればいいか――。「m3.com×『週刊ダイヤモンド』共同企画」では、最後の質問として、この重要ながらも解決策が見い出しにくいテーマについて聞いた。「保険給付の範囲」「患者の窓口負担」「医療体制」の各観点から、合計17項目の選択肢を提示し、許容できるか否かを5段階で評価してもらった(「許容できない」を「1」、「許容できる」を「5」として評価し、平均点数で比較)。その結果、m3.com医師...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事