m3.com トップ>医療維新>インタビュー|中央社会保険...>2016年度本体改定財源、前回の5倍 - 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.1

2016年度本体改定財源、前回の5倍 - 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.1

中医協の議論、「本体改定率」がベース

2016年3月20日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


2025年の医療提供体制に向け、地域包括ケアシステムの構築が主眼となった2016年度診療報酬改定。7対1入院基本料の基準が見直されたほか、調剤報酬も「患者本位の医薬分業」を確実に推進する方針が打ち出された。今改定を踏まえ、医療を実践していくためには、各点数の根底にある改定趣旨を読み解くことが不可欠だ。診療報酬改定を担当する、厚労省保険局医療課長の宮嵜雅則氏に、2016年度改定の主たるポイントとその考え方などについてお聞きした(2016年3月9日にインタビュー。計8回の連載)。厚労省保険局医療課長...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

オンライン診療「大幅な緩和でモラルハザード」、診療側 2019/11/9

医療機関におけるICT利活用を後押しへ 2019/11/8

診療側、病棟薬剤師の報酬拡充求める 2019/11/8

学会提案の医療技術290件が新規保険適用候補 2019/11/7

在宅医療でも大手薬局チェ―ンをけん制 2019/11/6

訪問診療を依頼も2割程度が「回数の把握なし」 2019/11/6

支払側、急性期一般入院料の基準見直し改めて求める 2019/11/6

紹介状なし大病院受診、定額負担義務の対象拡大へ 2019/10/31

診療側と支払側、機能強化加算の患者説明を押し付け合い 2019/10/31

希少がんや治験基準外の患者にも適応外薬を 2019/10/31

「院内薬剤師の評価」で初・再診料の引き上げを 2019/10/30

治療と仕事の両立支援、診療報酬の対象拡大へ 2019/10/26

「処方医に事前報告せず薬局が処方変更」取り決めに懸念相次ぐ、中医協総会 2019/10/26

2次救急を評価する診療報酬が必要 2019/10/25

新薬の製造原価「開示度、不十分」 2019/10/24

CT・MRIの共同利用、一層の促進を提案 2019/10/24

抗菌薬の適正使用を推進する加算、対象年齢拡大へ 2019/10/18

急性期「旧7対1」、再編の評価は? 2019/10/18

「働き方改革×診療報酬」で激論、中医協 2019/10/18

rt-PA療法の保険適用、要件緩和の検討に着手 2019/10/18