m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>新卒合格率100%は4校、2016年医師国試

新卒合格率100%は4校、2016年医師国試

近畿大が躍進、九州大が9割切る

2016年3月18日 成相通子、高橋直純(m3.com編集部)


3月18日に厚生労働省が発表した第110回医師国家試験の学校別合格者状況で、新卒者では順天堂大学、東京慈恵会医科大学、和歌山県立医科大学、近畿大学の4校が100%となった。近畿大学は前回88.3%で、11.7ポイント上昇した(全体の結果は『合格率91.5%、過去10年で最高』を参照)。近年の医師国試で注目されるのは、2008年度以降の医学部定員増に伴う受験者数や合格率などへの影響だ。6年間で卒業した新卒受験者の入学年度に当たる2010年度の医学部定員は全体で8846人で、前年から360人増加。2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事