m3.com トップ>医療維新>インタビュー|始動する“医...>“事故調”、「報告」と「予期」を生かせ - 長谷川剛・上尾中央総合病院院長補佐に聞く◆Vol.2

“事故調”、「報告」と「予期」を生かせ - 長谷川剛・上尾中央総合病院院長補佐に聞く◆Vol.2

医療事故調査報告制度自体は古いパラダイム

2016年4月6日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――昨年10月から始まった医療事故調査制度について、お聞きします。「報告数が少ない」との指摘もあります(『「医療過誤か否かで、報告の要否判断」との誤解も』を参照)。多いか少ないかは別として、長年、医療安全に取り組んできた医療者にとっては、医療事故とは、インシデント・アクシデントレポート区分における「レベル3以上」〔仮に実施されていた場合,身体への影響は大きい(生命に影響し得る)と考えられる〕であり、今回の制度における医療事故の制度は、従来のターミノロジーとは大きく異なります。医療法上、「当該病院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

始動する“医療事故調”に関する記事(一覧

“事故調”、2年間で751件、当初予定の2~3割 2017/10/10

「センター調査の結果公開、逸脱行為」 2017/9/8

“事故調”、初のセンター調査報告書を交付 2017/7/7

法に則った“事故調”支援の東京都モデル 2017/7/4

“事故調”対応、「5項目とも可」の大学は47% 2017/7/2

医療事故調査、“喧嘩”の道具に使うな! 2017/7/2

医療事故、「機構判断は利益相反」、医学部長会議 2017/4/18

“事故調”の報告、都道府県で約10倍の差 2017/4/6

中心静脈穿刺、「高リスク危険手技」との認識を 2017/4/5

“事故調”、「職員の理解は進まず」が4割強 2017/4/5

「奈良県警内での医師死亡」契機に死因究明制度を議論 2017/2/26

“事故調”、係争例もセンター調査の対象に 2017/2/1

“事故調”支援団体の中央協議会、29団体で発足 2016/12/28

センターへの事故報告が長期化、平均41.2日、判断に苦慮か 2016/11/3

“事故調”スタート1年、報告件数は388件 2016/10/11

センター調査は計10件、いまだ院内調査の検証中 2016/9/9

“事故調”、5件のセンター調査依頼、累計9件 2016/8/9

「患者死亡」、教訓を生かす取り組み活発化 2016/7/24

“事故調”報告、「遺族の意向」「紛争」に左右されず 2016/7/22

“事故調”、報告や院内調査のバラツキ問題視 2016/7/21