m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>被災地へ「細く長い」支援、全国の小児科医【被災3県】

被災地へ「細く長い」支援、全国の小児科医【被災3県】

学会と被災3県が連携

2016年3月23日 高橋直純(m3.com編集部)


被災地の小児医療を支援する取り組みが、震災から5年が経っても続いている。日本小児科学会、日本小児救急医学会の支援の下、岩手、宮城、福島の被災3県が合同で取り組む東日本大震災小児医療復興新生事務局(以下「事務局」)による支援医師の公募事業だ(事務局のホームページ)。URLは「細く長く(http://www.hosokunagaku.jp/)」。医師が足りない日に応援に来てくれる医師を全国から募るというもので、少ない人数で奮闘する被災地の医師を支える貴重な力になっている。同事務局のサイトでは、「(受...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

東日本大震災から5年に関する記事(一覧

「生きた経験持った医師」が集まるふくしま国際医療科学センター【福島編◆Vol.3】 2016/3/30

プログラムを相互乗り入れ、県全体で研修医を支援【福島編◆Vol.2】 2016/3/27

福島医大、寄付講座活用し医師不足に対応【福島編◆Vol.1】 2016/3/25

【福島】「天災以上に人災に苦労」「除染をやめてほしい」◆Vol.16 2016/3/24

被災地へ「細く長い」支援、全国の小児科医【被災3県】 2016/3/23

【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15 2016/3/22

【岩手】「『絆』という言葉やめて」「ゆっくりとした復興で雇用維持を」◆Vol.14 2016/3/21

被曝による健康被害、最多は「生じる可能性はない」◆Vol.13 2016/3/20

「造影CT避けるよう指導」「御用学者と言われた」、福島の医師85%が相談受ける◆Vol.1... 2016/3/19

【福島】「『地元で結婚したら免除』にすべき」」「総合医養成の充実」◆Vol.11-4 2016/3/17

【宮城】「東北大へのカンフル剤になれば」「東北大の分院にしか思えない」◆Vol.11-3 2016/3/17

【岩手】「成績不足でいいから気概を」「医師の引き上げ起こっている」◆Vol.11-2 2016/3/17

新設される東北医科薬科大、被災地医師の4割が期待せず◆Vol.11-1 2016/3/17

「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2 2016/3/15

被災地、「看護師」「医師」不足が深刻◆Vol.10-1 2016/3/15

病医院の経営、岩手県で「悪くなった」が4割◆Vol.9 2016/3/14

被災地、41%の医師が「震災後忙しくなった」◆Vol.8 2016/3/11

被災地、「高齢、困窮、メンタルヘルス」の患者増◆Vol.7 2016/3/10

岩手、福島の3割超が「患者が減った」◆Vol.6 2016/3/9

【福島】「福島医大から医師来ず」「風評で集団ヒステリー」◆Vol.5-4 2016/3/8