m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>福島医大、寄付講座活用し医師不足に対応【福島編◆Vol.1】

福島医大、寄付講座活用し医師不足に対応【福島編◆Vol.1】

県と一体で“復興のシンボル”として地域医療を支援

2016年3月25日 高橋直純(m3.com編集部)


もともと医師不足が深刻だった福島県は、東日本大震災による福島第一原発事故で、さらに苦境に陥った。福島県立医科大学は県内唯一の医師養成校、そして公立大学として、県と一体となって地域医療を守るためのさまざまな取り組みを行っている。医師1人分を派遣するため6人分のポスト原発事故で生じた避難区域の医療再生拠点として、県が楢葉町に整備した「県立大野病院付属ふたば復興診療所」(愛称・ふたばリカーレ)が2月1日から診療を開始した。診療科は内科と整形外科で、平日午前9時半から午後4時まで診療を受け付ける。医師は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

東日本大震災から5年に関する記事(一覧

「生きた経験持った医師」が集まるふくしま国際医療科学センター【福島編◆Vol.3】 2016/3/30

プログラムを相互乗り入れ、県全体で研修医を支援【福島編◆Vol.2】 2016/3/27

福島医大、寄付講座活用し医師不足に対応【福島編◆Vol.1】 2016/3/25

【福島】「天災以上に人災に苦労」「除染をやめてほしい」◆Vol.16 2016/3/24

被災地へ「細く長い」支援、全国の小児科医【被災3県】 2016/3/23

【宮城】「医療者用の支援物資を」「月に一度でも被災地考える日を」◆Vol.15 2016/3/22

【岩手】「『絆』という言葉やめて」「ゆっくりとした復興で雇用維持を」◆Vol.14 2016/3/21

被曝による健康被害、最多は「生じる可能性はない」◆Vol.13 2016/3/20

「造影CT避けるよう指導」「御用学者と言われた」、福島の医師85%が相談受ける◆Vol.1... 2016/3/19

【福島】「『地元で結婚したら免除』にすべき」」「総合医養成の充実」◆Vol.11-4 2016/3/17

【宮城】「東北大へのカンフル剤になれば」「東北大の分院にしか思えない」◆Vol.11-3 2016/3/17

【岩手】「成績不足でいいから気概を」「医師の引き上げ起こっている」◆Vol.11-2 2016/3/17

新設される東北医科薬科大、被災地医師の4割が期待せず◆Vol.11-1 2016/3/17

「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2 2016/3/15

被災地、「看護師」「医師」不足が深刻◆Vol.10-1 2016/3/15

病医院の経営、岩手県で「悪くなった」が4割◆Vol.9 2016/3/14

被災地、41%の医師が「震災後忙しくなった」◆Vol.8 2016/3/11

被災地、「高齢、困窮、メンタルヘルス」の患者増◆Vol.7 2016/3/10

岩手、福島の3割超が「患者が減った」◆Vol.6 2016/3/9

【福島】「福島医大から医師来ず」「風評で集団ヒステリー」◆Vol.5-4 2016/3/8