m3.com トップ>医療維新>レポート>医療費の地域差、「見える化」で適正化

医療費の地域差、「見える化」で適正化

社会保障審議会、「平均在院日数は目標にあらず」と厚労省

2016年3月25日 成相通子(m3.com編集部)


3月24日に厚生労働省の社会保障制度審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)が開かれ、2017年度以降を対象とする「第3期医療費適正化計画」の基本方針案の報告があった。NDB(NationalDataBase)を利用し、医療費や後発医薬品の使用割合、重複・多剤投薬の取り組みの「地域差の見える化」を行い、地域差の削減を推進する方針。また、これまで都道府県の目標としていた「平均在院日数の短縮」は次期目標に含まないとしている(資料は厚労省のホームページ)。「医療費適正化計画」は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日病協、入院医療「今後の構想、早急に検討を」 2018/2/23

終末期医療GLの改訂版、3月上旬にも公表へ 2018/2/23

第112回医師国試、9%が“割れ問”に 2018/2/23

医療安全、「公共政策」としての取り組み必要 2018/2/19

首相「なるべくしてなった」、横倉・世界医師会長就任祝賀会 2018/2/17

医療事故等の警察への届出、2017年はピーク時の2割弱 2018/2/17

11医療機関を「中核拠点病院」に選定 2018/2/14

地域がん診療連携拠点病院、体制によりA~Cに分類 2018/2/14

特定臨床研究、施行規則を了承、4月から施行 2018/2/13

90歳藤巻医師「人生のお土産いただいた」 2018/2/9

2018年度国公立全50大学の医学部入試志願倍率速報! 2018/2/9

全自病邉見氏「病院に厳しく、診療所に手厚く」 2018/2/9

オンライン診療普及に向け「倫理指針」「ガイドライン」3月公表 2018/2/8

神奈川県知事が土屋理事長を解任、放射線科医一斉退職問題 2018/2/6

大川がんセンター病院長を更迭、神奈川県立病院機構 2018/2/3

神奈川県病院機構、県に真っ向から反論、医師退職問題(2月3日追記) 2018/2/2

厚労省の「働き方改革の論点整理」に対案提示へ 2018/2/1

日医横倉会長、介護報酬改定を評価 2018/2/1

「臨床医学論文、日本は30位以下」と警鐘鳴らす、福原京大教授 2018/2/1

受動喫煙対策「一歩でも二歩でも進めて」日医横倉会長 2018/1/31