m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>国際医療福祉大学、北島政樹学長が退任

国際医療福祉大学、北島政樹学長が退任

大友東大教授が新学長に就任、4月から(2016/3/28 訂正)

2016年3月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


国際医療福祉大学は3月24日、北島政樹学長(74歳)が任期満了に伴い、この3月末で退任することを公表した。4月からは学校法人国際医療福祉大学副理事長、および名誉学長に就任する。後任の学長には、この3月末で早期退職する、東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座教授の大友邦氏(61歳)が就任する。同大は、千葉県成田市で2017年4月の医学部新設を目指しており、大友氏が同大学理事長、総長らとともにその責任を担う。大友氏は、1979年東大医学部卒。米国ワシントン州立大学、ピッツバーグ大学などの留学を経て...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事