m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>医師需給、「2024年に約30万人で均衡」との推計も

医師需給、「2024年に約30万人で均衡」との推計も

厚労省が3パターン提示、医師の労働時間短縮も勘案

2016年3月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の医師需給分科会(座長:長崎大学学長の片峰茂氏)の第4回会議が3月31日に開催され、2024年頃に約30万人で、遅くとも2033年頃には約32万人で医師の需給が均衡するとの推計を公表した。本推計では、医師供給については、医師の労働時間の短縮や、女性医師や高齢医師の増加なども見込んでいる。今後の医学部定員は2016年度の9262人のまま推移する前提だ。2017年度または2019年度で期限が切れる「臨時定員増」の扱いは、今後の検討課題だ(『医学部定員、増...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事