m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>研修医時代の症例ノート、「貴重な宝物」◆Vol.12

研修医時代の症例ノート、「貴重な宝物」◆Vol.12

2016年4月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


――卒後4年目、1975年から1年間、札幌市内にある「愛育病院」に勤務する。大学紛争時代に大学医局と関連病院の関わりは疎くなってしまったのですが、その後、徐々に復活してきました。当時、第3内科の札幌での唯一の関連病院が愛育病院でした。規模はそれほど大きくはなく、内科は120床。内科医は院長の鈴木寛一先生、約10年上の上司の宮坂充輝先生がおられました。この年に派遣されたのが私と同期の樋口晶文君で、私は消化器、樋口君は血液を担当しました。「大学紛争でもまれたせいか、教えてもらうという発想が少ない。自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆浅香正博・北海道大学名誉教授に関する記事(一覧

教科書は「学ぶ、応用する、作り変える」◆Vol.30 2016/4/30

“大学病院の危機”、現実に◆Vol.29 2016/4/29

臨床研修必修化、「パンドラの箱を開けた」◆Vol.28 2016/4/28

趣味は畑仕事、予定はテニス優先◆Vol.27 2016/4/27

北海道医療大学の学長、2016年4月に就任◆Vol.26 2016/4/26

「検診重視のがん対策」から予防に転換を◆Vol.25 2016/4/25

皆既日食は「2戦2敗」、三度目の正直で◆Vol.24 2016/4/24

北大看護部門にメス、三大改革を敢行◆Vol.23 2016/4/23

北大病院長時代「つぶされてたまるか」◆Vol.22 2016/4/22

Lancet論文、ピロリ菌除菌の適応拡大に貢献◆Vol.21 2016/4/21

「胃がん予防、ピロリ菌除菌で可能」を証明◆Vol.20 2016/4/20

「ピロリ教」との仇名にも屈せず◆Vol.19 2016/4/19

北大第3内科教授に就任、人事には苦労◆Vol.18 2016/4/18

ピロリ菌、「何だ、これは?」が第一印象◆Vol.17 2016/4/17

「浅香君、サウジアラビアに行かない?」◆Vol.16 2016/4/16

米国留学、1年半に8論文の成果◆Vol.15 2016/4/15

初の海外学会、教授が質問を通訳◆Vol.14 2016/4/14

「何人も失敗に終わったテーマ」で学位取得◆Vol.13 2016/4/13

研修医時代の症例ノート、「貴重な宝物」◆Vol.12 2016/4/12

「生化学を3カ月間研究」で学位取得遅れる◆Vol.11 2016/4/11