m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>初の海外学会、教授が質問を通訳◆Vol.14

初の海外学会、教授が質問を通訳◆Vol.14

2016年4月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


――アルドラーゼのアイソザイム測定法の研究成果を発表するため、1979年9月、イギリスで開催された国際腫瘍マーカー学会に出席した。実はこの学会は、北大生化学の平井秀松教授が設立したのです。いつもお酒ばかり飲んでいる先生だけれど、本当は大変偉い先生で、イギリスの学会場に着いたら、外国人皆があいさつに来て本当にびっくりしました。平井先生は英語も流暢で、冗談を交え出席者の笑いを誘っていました。私は、学会の受付の段階で英語が全く通じず暗い気分になっていたのですが……(笑)。発表はもちろん英語。今でも忘れ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆浅香正博・北海道大学名誉教授に関する記事(一覧

教科書は「学ぶ、応用する、作り変える」◆Vol.30 2016/4/30

“大学病院の危機”、現実に◆Vol.29 2016/4/29

臨床研修必修化、「パンドラの箱を開けた」◆Vol.28 2016/4/28

趣味は畑仕事、予定はテニス優先◆Vol.27 2016/4/27

北海道医療大学の学長、2016年4月に就任◆Vol.26 2016/4/26

「検診重視のがん対策」から予防に転換を◆Vol.25 2016/4/25

皆既日食は「2戦2敗」、三度目の正直で◆Vol.24 2016/4/24

北大看護部門にメス、三大改革を敢行◆Vol.23 2016/4/23

北大病院長時代「つぶされてたまるか」◆Vol.22 2016/4/22

Lancet論文、ピロリ菌除菌の適応拡大に貢献◆Vol.21 2016/4/21

「胃がん予防、ピロリ菌除菌で可能」を証明◆Vol.20 2016/4/20

「ピロリ教」との仇名にも屈せず◆Vol.19 2016/4/19

北大第3内科教授に就任、人事には苦労◆Vol.18 2016/4/18

ピロリ菌、「何だ、これは?」が第一印象◆Vol.17 2016/4/17

「浅香君、サウジアラビアに行かない?」◆Vol.16 2016/4/16

米国留学、1年半に8論文の成果◆Vol.15 2016/4/15

初の海外学会、教授が質問を通訳◆Vol.14 2016/4/14

「何人も失敗に終わったテーマ」で学位取得◆Vol.13 2016/4/13

研修医時代の症例ノート、「貴重な宝物」◆Vol.12 2016/4/12

「生化学を3カ月間研究」で学位取得遅れる◆Vol.11 2016/4/11