m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|臨床医学リス...>医療裁判、“冤罪”を防ぐのは医師◆Vol.1

医療裁判、“冤罪”を防ぐのは医師◆Vol.1

医師逮捕から10年、事件を再検証

2016年5月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本臨床医学リスクマネジメント学会シンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」が4月3日に都内で開催され、同事件の関係者らが集まり、当時のエピソードを振り返りつつ、事件から学び得る教訓について議論を交わした。弁護士の安福謙二氏大野病院事件の弁護人を務めた安福謙二弁護士は、日本の刑事手続きは被疑者の人権への配慮に欠け、「国際社会で、『中世のものだ』と言われている」と司法の在り方を問題視するともに、「医療事故調査制度は、結局は刑事手続きとつながっていることを忘れないでほしい。今のままだったら、刑事捜査...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事