m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|臨床医学リス...>故佐藤教授の遺言、「福島の産婦人科は任せた」◆Vol.2

故佐藤教授の遺言、「福島の産婦人科は任せた」◆Vol.2

福島医大産科教授、事件の影響と教訓語る

2016年5月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


福島県立医科大学産婦人科教授の藤森敬也氏日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、福島県立医科大学産婦人科教授の藤森敬也氏は、「県立大野病院事件が産科医療に与えた影響―福島県の産科医療再生に向けて―」というテーマで講演した。事件当時、同大学産婦人科教授で、2010年に逝去した故佐藤章氏は、「福島の産婦人科はお前に任せた」との遺言を残したという。藤森氏は、前置癒着胎盤の術式を工夫するなど、本事件の教訓を生かし、妊産婦死亡率の減少につなげ、周産期医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事