m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|臨床医学リス...>「間違った鑑定書が冤罪を招く」◆Vol.3

「間違った鑑定書が冤罪を招く」◆Vol.3

大野病院事件、安福弁護人が警鐘

2016年5月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


「検察が暴走したのではなく、間違った鑑定書が暴走させた」「間違った医学・科学鑑定書が冤罪を招いている」弁護士の安福謙二氏日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、「大野病院における医療事故を刑事事件にしたもの」というテーマで講演した、同事件の弁護人を務めた安福謙二弁護士はこう訴え、医療事故が刑事事件に至る要因には、警察・検察側の問題だけでなく、医療側の問題も大きいと指摘した。医療事故など専門性が高い刑事裁判は、専門家が書いた報告書や鑑定書によって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事