m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|臨床医学リス...>「医師起訴」、左右したのは病理鑑定◆Vol.4

「医師起訴」、左右したのは病理鑑定◆Vol.4

大野病院事件、弁護側と検察側で食い違い【動画】

2016年5月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、本病院事件で、弁護側の依頼で胎盤の病理鑑定を行った大阪府立母子保健総合医療センターの中山雅弘氏が登壇、鑑定依頼を受けた際のエピソードや鑑定結果などについて講演した。大阪府立母子保健総合医療センターの中山雅弘氏中山氏は、胎盤病理の第一人者。その経験症例数は日本でもトップクラスだ。中山氏は、業務上過失致死罪に問われた産婦人科医の弁護側から病理鑑定の依頼を受けた際、「剥離した胎盤の写真を見て、被告の先生の供述に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事