m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|臨床医学リス...>刑事裁判、“冤罪”限りなく防げ!◆Vol.5

刑事裁判、“冤罪”限りなく防げ!◆Vol.5

「無罪判決」多数の元裁判官、訴え

2016年5月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本臨床医学リスクマネジメント学会の4月3日のシンポジウム「県立大野病院事件を振り返る」で、最後に登壇したのは、弁護士で元裁判官の木谷明氏。弁護士で元裁判官の木谷明氏37年間の裁判官時代、30を超す無罪判決を出し、うち控訴されたのは1件にとどまる。しかも控訴棄却に終わった。有罪判決率が「99%」とも言われる日本の刑事裁判の中では、異例の無罪判決の多さだ。木谷氏は、「現実の裁判では、冤罪が極めて多数発生している。実際に無罪判決になった判決、あるいは再審で無罪になったのは、氷山の一角であり、現実には...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事