m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>「避難先での心・血栓疾患予防を」

「避難先での心・血栓疾患予防を」

九大砂川氏、自治医大苅尾氏が避難対策で指摘

2016年4月19日 坂口恵(m3.com編集部)


「発災2~3日ごろからイベント増加」4月18日、東京都で開かれたメディア向けのセミナーに出席した九州大学循環病態制御学部門特任教授の砂川賢二氏と自治医科大学循環器内科学部門主任教授の苅尾七臣氏に、現時点の被災地で重要と考えられる医療面での優先事項などを聞いた。両氏はともに震災数日後から増加する心血管疾患、血栓性イベントへの対策が重要との見方を示す。「今回の地震は最初の揺れの後に本震と見られる地震があり、現在も強い余震が続いている。そのため、医療従事者を含むボランティアの受け入れができる状況が整い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事