m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>熊本から患者111人受け入れ、「地域包括ケア」の発想

熊本から患者111人受け入れ、「地域包括ケア」の発想

福岡・姫野病院理事長、姫野信吉氏、顛末と教訓語る

2016年4月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


「私が午後5時頃に病院に戻った時には、既に第一陣の患者が搬送されていた。受け入れた患者は計111人に上り、医師4人でアセスメントを終えた時には午後10時を回っていた」こう語るのは、医療法人八女発心会姫野病院(福岡県八女市、140床)の理事長を務める、姫野信吉氏だ。同病院は、熊本セントラル病院(熊本県大津町、308床)の入院患者111人の患者の搬送を受け入れた。熊本セントラル病院は、4月14日の夜の地震では建物の損壊を受けたものの、入院は何とか継続していたが、16日未明の本震後、スプリンクラーが作...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事