m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>研修医2年目の岡崎幸治氏・現地リポート◆Vol.1

研修医2年目の岡崎幸治氏・現地リポート◆Vol.1

全く支援が行き届かず、どうしたら……?

2016年4月19日 岡崎幸治(日本海総合病院研修医)


山形県酒田市の日本海総合病院、研修医2年目の岡崎幸治氏。熊本市内の実家のクリニックが被災し、開業の手伝いと避難所の支援のため休職し、4月17日に鹿児島空港経由で帰省。本人の了承を得て、facebookの掲載を転載しています。4月18日7時ごろ:熊本市にて近くの避難所(熊本市立東部中)です。市が運営しています。(避難民350人)・マンションが損傷し住めなくなった・余震が続き家にいるのが怖いという理由で、教室や車中で寝泊まりされています。車中泊の理由は「屋根があるほうが安心できる」から。Weekda...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事