m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>小児科学会へ医師派遣要請、熊本県

小児科学会へ医師派遣要請、熊本県

DMATは第1、2次隊が撤収

2016年4月19日 高橋直純(m3.com編集部)


熊本県を中心とした4月14日の夜から相次ぐ地震で、熊本県は19日までに日本小児科学会へ医師の派遣を要請した。厚生労働省によると、国立病院機構熊本医療センターと熊本赤十字病院で、患者集中により小児科医の疲弊が激しくなっている。日本小児科学会は19日正午時点で情報収集を進めているとしている。DMATは19日午後1時点で、142チーム(504人)が活動中。第1次隊、第2次隊はすでに撤収しており、九州、中四国から派遣される第4次約20チームは20日までに現地入りし、21、22日に活動する予定。日本医師会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事