m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>研修医2年目の岡崎幸治氏・現地リポート◆Vol.2

研修医2年目の岡崎幸治氏・現地リポート◆Vol.2

切迫しているのは「寝床」「上下水道」「お手洗い」「警備」

2016年4月20日 岡崎幸治(日本海総合病院研修医)


山形県酒田市の日本海総合病院、研修医2年目の岡崎幸治氏。熊本市内の実家のクリニックが被災し、開業の手伝いと避難所の支援のため休職し、4月17日に鹿児島空港経由で帰省。本人の了承を得て、facebookの掲載をそのまま転載しています。4月20日15:35分:菊池郡にて組織立った支援が全く入って来なかった、益城町平田地区に沢山の生活物資が運ばれています!介護用のおむつ2トントラック一台分、レトルトごはん三畳分、水40ケース、他にも、パンや生理用品など様々なものが運ばれています。益城町平田地区の家々は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事