m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>JMAT、1チームで1000~1500人カバー

JMAT、1チームで1000~1500人カバー

「現地の状況見ながら拡大を検討」横倉日医会長

2016年4月21日 成相通子(m3.com編集部)


日本医師会会長の横倉義武氏は4月20日の定例記者会見で、熊本地震の発生を受けて派遣しているJMAT(日本医師会災害医療チーム)について、「1つのチームが1000~1500人をカバーしており、チームを増やさないといけない」と指摘した。また余震が続いていることから「二次災害がないように被災地への医療支援をしていきたい」と述べた。JMATのチーム数については「現状では足りていない」(日医常任理事の石井正三氏)としながらも、現地のインフラが早期に回復する見込みもあることから、地域の医療提供体制の回復状況...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事