m3.com トップ>医療維新>インタビュー>臨床とサイエンス、両立は可能 - 坂口志文・阪大特任教授に聞く◆Vol.6

臨床とサイエンス、両立は可能 - 坂口志文・阪大特任教授に聞く◆Vol.6

「次世代の医療を切り拓く医師、必要」

2016年5月30日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――昨今はトランスレーショナルリサーチの重要性などが言われていますが、京大からここ阪大に移られたのは、ヒトでの臨床研究に取り組みやすい環境があるからでしょうか。新しいことをやろうと思ったら、場所を変えるのが一番いいわけです。いろいろな人を新しく巻き込んで研究しようと思った時に、プロジェクトを立てやすいからです。それが移った理由の一つ。もう一つは、免疫関係に理解があることが阪大の強みだからです。――阪大は免疫研究の歴史がある。岸本先生(阪大名誉教授の岸本忠三氏)の研究に見るように、ヒトへの応用に関...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.2 2019/7/17

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1 2019/7/10

「東京減点女子医大」を創設したわけースプツニ子!学長と西澤知美理事に聞く 2019/6/8

最新技術の医療への適用、審査制度の見直し必要-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.3 2019/6/8

ITやロボットの活用で技術の汎用化を-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.2 2019/5/30

約40年間、医用工学の研究に従事-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.1 2019/5/22

総長4年の任期中に方向性を-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.3 2019/5/20

単科医科大学との「対等合併or全面的連携」を目指す-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol... 2019/5/10

臓器別専門医と「Win-Win」の関係構築-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に... 2019/5/10

総合診療専門医、「若手の1割」を期待-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆... 2019/5/5

医学部設置は早稲田大学の悲願-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.1 2019/5/2

総合診療専門医の一期生誕生が節目-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆Vo... 2019/4/23

44歳、1万2000人の会員率いる学会トップに-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事... 2019/4/19

「医学と医療の深化と広がり」がテーマ-齋藤英彦・第30回日本医学会総会会頭に聞く 2019/4/2

医師と政治家、「話を聞く」という共通点-川島実・奈良県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.... 2019/3/20

県と市がタッグを組み、「元気な福岡に」-武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol... 2019/3/20

医療の“司令塔”は国ではなく都道府県-武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.... 2019/3/17

「最高の技術」「最善のケア」の両立目指す-堀江重郎・順大泌尿器科教授に聞く◆Vol.2 2019/3/17

44歳現役医師、県知事選挙に出馬の訳-川島実・奈良県知事選挙立候補予定者に聞く◆Vol.1 2019/3/16

厚労官僚、コンサルタントを経て、政治に挑む-武内和久・福岡県知事選挙立候補予定者に聞く◆V... 2019/3/14