m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>熊本地震に医療支援に行く医師のための、感染症診療のポイント

熊本地震に医療支援に行く医師のための、感染症診療のポイント

2016年4月21日 岩田健太郎(神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授)


個人の見解であり、所属先の見解とは限りません。また、個々の事例全てにこのブログの内容が当てはまるという保証はございません。ご留意ください。熊本地震で尽力されている九州の医療者の皆様、支援に赴かれている各地の皆様、ご苦労さまです。まだまだ余震も続き、外傷その他、様々な医療問題があります。長期化する避難生活での感染症もその一つです。我々は東日本大震災時の石巻市での医療支援を、診療録情報を用いて分析しました。当時の感染症診療の問題点が明らかになりましたので、それを踏まえて熊本地震での感染症診療のポイン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事