m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>熊大、行き場失った留学生が相次ぎ帰国

熊大、行き場失った留学生が相次ぎ帰国

発生研・西中村氏「復旧には1年以上の時間と莫大な費用必要」

2016年4月22日 坂口恵(m3.com編集部)


熊本大学発生医学研究所所長の西中村隆一氏は4月19日、「発生研内外の皆様へ」と題する文書を公式サイトで発表、今月14日から続く熊本地震で研究機器などが甚大な被害を受けたことを明らかにした。幸い職員は全員無事だが、震災により行き場を失った学生が広域避難したり、特に自費で帰国してしまう留学生が相次いだりしていることが大きな懸念材料と記している。発生研に隣接する生命資源研究・支援センターでは、ライフラインが維持されているおかげで、実験用のマウスや凍結胚なども損傷なく保存できているという。西中村氏は、震...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事