m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>「危機感を持って巡回」、発災1週間目のJMAT

「危機感を持って巡回」、発災1週間目のJMAT

熊本県益城町を現地取材、地元事務部門への支援必要

2016年4月22日 高橋直純(m3.com編集部)


「危機感を持って巡回してほしい」避難者の医療や健康管理、避難所の公衆衛生対策などの中長期的な支援を担うのがJMAT(日本医師会災害医療チーム)だ。熊本地震では今も約10万人の被災者が避難所生活を余儀なくされている。発災から1週間目の4月21日、JMATの活動を取材した。熊本地震で最も甚大な被害を受けたのが、熊本県益城町。4月14日と16日、二度も震度7を観測し、20人が死亡した。建物にひびが入るなどして役場が使えなくなり、災害対策本部は約1.5キロ離れた、町保健福祉センターに置かれている。避難所...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事