m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|熊本地震>地域連携やサーバー免震化が奏功、熊本日赤

地域連携やサーバー免震化が奏功、熊本日赤

最も想定外だったのが「水」の確保

2016年4月25日 高橋直純(m3.com編集部)


熊本県災害拠点病院に指定されている熊本赤十字病院(熊本市東区、490床)は4月14日と16日の熊本地震で、搬送されてくる全ての救急患者を受け入れた。災害対応訓練や近隣医療機関との連携、院内システムのサーバーの免震化など、日ごろの備えの成果が効果的に発揮できた形だ。4月20日に副院長の中島伸一氏に取材した。4月16日午前5時の院内の様子=熊本赤十字病院提供発災直後に3分の1のスタッフが参集「最初からパニックになることがなく、私のところにもほとんど報告で、『どうしましょうか』という相談はほぼなかった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事